私の夢。音楽の道

ギター漫談から、歌い手として、そして音楽の夢

「今年はギターが注目された年だったよな?」
「そ、そう? な、なんで?」
「けいおん!」
「アニメね。確かに話題になったもんね」
「そう、それでその主人公、平沢唯が持っているのがレスポールなんだ。サンバーストのスタンダード。これの表紙と同じやつだ」
「確かにギターも話題になったという話は聞くけど」
「まあ、これは真面目なギターの本だけどな。世良公則、リック・ニールセン、PATA,高見沢俊彦、鮎川誠、和田唱、菊地英昭、坂本慎太郎なんかが登場する」
「坂本ってゆら帝の坂本? SGでしょ。レスポールじゃないじゃないの」
「レスポールSGはレスポールの一種だという話だろう。変なとこ突っ込むな。今ならこの並びに平沢唯が入るのに・・・っていう話をしようと思ったのに」
「けいおん!のファンがこれを読むかっつーの」

と、まぁ、そんな漫談はおいておいて、
ギターからはじめった私の音楽の夢。

実際は、ギターからボーカルにバンドでの役割も変わって、
ボイストレーニングとかも通い、さらに力をつけています。

だんだんと自分に自信がついてきているのを感じてます。

ボディ・マッピングによる「上手な体の使い方」を参考にして、
歌う時のバランス、呼吸、喉頭、歌声、共鳴、ポジション、アーティキレーション(調音)、
身体表現(演技)、聴衆とのコミュニケーション、指導法、上がり症対策など様々な事を意識してます。

「個人的にやばい動画の紹介」


やっぱりやぱい。布袋さんとのからみも秀逸。


歌い込み方とか、すごいと思う。これだけ気持ちをいれて、
私も歌いたい。


男の人で、これ以上のバラードを歌える人っているのかな、と思った。


徳永さん。やっぱり今見ても、マイふぇーばりっとシンガーです。

追伸ーー
最近でたライブハウスなどの情報です。
ライブハウス 大阪ならボルケーノ」
「心斎橋のライブハウス ミューズ」